骨粗鬆症は予防できる|カルシウムをしっかり摂ろう

医者

高齢者向けの医療機関

患者数が増えている理由

受付

平野区内の病院で受診する人の多くが、70代や80代の高齢者です。遠方の病院に通院するのが困難な高齢者も多いために、平野区の自宅近所でかかりつけの医療機関を探す事例が一般的です。持病を2つ以上持っている高齢者も多いので、平野区の病院を受診する人たちの増加も著しいです。エリア内には有料老人ホームなどの高齢者向けの施設もあり、地元の病院が提携医療機関に指定されていることも、患者数が増えている理由です。認知症や腰痛や生活習慣病のような、高齢者の患者が多い疾患の専門外来が設置されていることも、人気が高まっている大きな要因です。地域に密着した医療機関であれば気軽に受診できるので、今後もこの傾向が強まるでしょう。

今後の診療体制とは

今後は80代や90代の高齢者も更に増えるので、平野区内でも訪問診療を充実させることが重要なテーマです。様々な慢性疾患で悩んでいる高齢者がいるために、多様な診療科を設置している病院の役割が大きくなるでしょう。診療科の間の連携を強めることが、合併症や薬の副作用を回避するうえでは効果的です。糖尿病の継続的な治療では、内科に加えて循環器科や眼科との連携が必要でしょう。病状が急変する高齢者も多いために、かかりつけの病院の救急医療体制の充実が今後の緊急課題です。健康な状態を維持して生活の質を高めるために求められているのが、高齢者一人一人に合った健康管理です。管理栄養士や看護師も加わって、高齢者の日常生活をサポートするのが、今後の理想的な医療のあり方です。